HOME > 活動のご案内 > 社会貢献 > 和解運動 > 進展状況 > UNESCO本部訪問

UNESCO本部訪問

当会の勝本代表理事を中心とした一行は、「世界の和解と平和のための国連フォーラム」をユネスコに提案することを目的として2012年2月17日から23日までパリのユネスコ本部を訪問しました。

今回は、UNESCOベナン大使を初めとした在仏ベナン人の方々、UNESCO本部戦略プランニングの担当官、UNESCOの協力団体の方々にお会いしました。ベナンと日本が世界の和解と平和に対して果たすべき役割について、発展的な話し合いを持つことができました。


在外ベナン人高等理事会フランス支部
在外ベナン人高等理事会フランス支部の副会長であるズメヌー氏(Mr. Jean Eudes ZOUMENOU、左から2番目)と勝本代表理事は、2年半ぶりに再会しました。最初に会ったのは、2009年にベナンを訪問した時でした。
フランス在住のズメヌー氏はパリの大学で教鞭を取っています。とても気さくな方で、今回の私たちのパリ滞在のスケジュールを全面的にサポートしてくださいました。

在外ベナン人高等理事会は、海外でベナン人が居住する国とベナンを繋ぐための重要な役割をしています。

日本在外ベナン人高等理事会のベベニョン氏(写真一番左)、イタリア和解事務所のフランコ・パスカリーニ氏(写真中央)、当学会・勝本代表理事(右から2番目)

 
UNESECOベナン政府代表部
UNESECOベナン政府代表部のアダンクノン参事官(Mr. Ambroise ADANKNOUNOUN、写真右側)は、私たちのUNESCO本部での日程を丁寧にサポートしてくださいました。ADANKNOUNOUN参事官は、1990年2月にベナンで開催された国民会議開催時の幹部会(Presidium )のメンバーであり、その場で国家体制が平和裏に大きく変遷していった一部始終をその目で見ていた歴史の証人でもあります。


UNESCO戦略プラニング部門の事務所
UNESCO戦略プラニング部門のHans d’Orville氏(写真左から3番目)の事務所を訪問し、「和解と平和のための国連フォーラム」の開催を提案しました。会議に参加したのは、UNESCOベナン大使の代理としてAdanknounoun参事官、ベナン、日本、イタリア、チェコからの代表者です。
在仏ベナン大使館
在仏ベナン大使館のアゴソー大使(H. E. Ambassador Albert AGOSSOU)にお会いしました。かつてのベナンとフランスの関係から、世界中のベナン大使館の中で最も重要な役割を果たしているともいえるのがこの大使館だそうです。ベナンの功績を称え、今後の世界の平和と安定のために重要な役割を果たすべきベナンの人々への敬意を込めて、WAKAIのロゴをお渡ししました。
在仏ベナン総領事館
在仏ベナン総領事館のパニョン総領事
(Mr. Joseph V. Menard de PAGNON, Counsel General)とお会いしました。総領事館に到着した時は、業務が終了した閉館後でしたが、総領事は、私たちの到着を待っていてくださり、とても暖かく迎えていただきました。総領事は、当学会の活動の重要性を深く認識くださいました。
UNESCOの関連団体であるITI
UNESCOの関連団体であるITI(International Theater Institute)の開発担当アシスタント・ディレクターMs. Petya HRISTOVAと協定担当アシスタント・ディレクターMr. Charlene LIMとお会いしました。ITIは、世界中に支部を持つ演劇を中心とした活動を展開し、UNESCOの目的を果たすために重要な役割を担っています。
UNESCOベナン代表部のヤイ大使
UNESCOベナン代表部のヤイ大使(H. E. Ambassador Olabiyi Babalola YAI、写真中央)にお会いしました。ヤイ大使は、日本で日本文化を研究された期間もあり、我が国の文化に対してとても理解が深い方でした。調和の文化を持つベナンと日本が世界において果たす役割が重要であると深く認識しておられ、当学会が考える方向性と一致していることを確認しました。

ヤイ大使は、UNESCOベナン代表部は、国民会議で成功した平和的解決、和解について世界に伝えることを目的としてつくられた事務所であり、対話のために相応しい場所であると語られました。当学会からの提案(国連フォーラム開催)を積極的に進めていく方向で協力することになりました。


ゲレデマスク
これは、ヤイ大使の部屋に置いてあったゲレデマスク(Mask Gelede)です。このマスクは、
ゲレデの口承遺産・The Oral Heritage of Gelede」としてUNESCOの無形文化遺産に登録されています。
このマスクは女性を表現しており、ヨルバ族(ベナン、ナイジェリア、トーゴの民族)の人々は、女性が和解をもたらすと信じているそうです。このゲレデマスクを、和解のシンボルとしてこの事務所に置いていることを説明してくださいました。