HOME > 活動のご案内 > 学術研究 > 研究活動 > 勉強会概要2015

勉強会概要

2015年 (平成27年) 

ヨーロッパでの哲学勉強会
社会 開催期間 2015年1月15日~1月25日

昨今の宗教、思想、人種の相違を原因とする混乱や紛争の問題が益々深刻さの度合いを増してきている世界情勢に鑑みて、哲学的人間学が果たすべき役割の重要性は切実なものとなっています。そのような折、スイスにて当会のヨーロッパの会員と哲学研究会を持ちました。

もともと東洋の哲学や思想にも関心を持っていたヨーロッパのメンバーですが、この度は、『情然の哲学』を元にして西洋と東洋の哲学の調和について考えることが最大のテーマとなりました。様々な話し合いを通して再認識したことは、歴史的事実が哲学や思想に与えた影響の大きさやそれぞれの宗教観の相違を学術的に整理することの緊急性でした。客観的真理を見出し、異文化間に調和をもたらす道を模索していくことが当会の大きな使命であることを改めて確認することができた良き機会となりました。

開催場所は、チューリッヒから車で1時間半ほど離れたアルプス山脈にある会員の自宅でした。窓から見える風景は真っ白な銀世界と2000m級の山々。会議の合間に外に出ると浄化された冷たい空気が気持ちを引き締めてくれます。この美しく平和な景色を眺めながら、世界の至る所で起こっている混乱や悲壮な状況を思い浮かべ、早く世界に本当の平和が訪れることを心から願いました。

 

 

 平成24年 勉強会概要
 平成25年 勉強会概要