HOME > 日本人間学会について > 日本人間学会について

目 的

 当学会は、「人間学」の研究の推進とその研究成果の普及を目的とします。

 当学会は、人文科学系列、自然科学系列、社会科学系列など、それぞれの専門分野を
  基礎としながら「人間学」へアプローチする学際的研究を推進します。

 当学会は、研究者相互の協力を促進するとともに、国内外の学会および目的を同じくする
  諸団体と連携しながら、研究成果の普及をもって積極的な社会貢献を目指します。

 

特 徴

日本人間学会は、その名が示す通り人間学を研究している学術団体であるが、学問というものはそもそも、一朝一夕にして成り立つものではない。われわれの研究においても当然のことながら、永きにわたる学統が存在し、ときには先人の業績に依拠し、またときにはそれを批判的に考察しながら日々の研究が進められている。では、その先人とは誰であり、当会の学統とはどのようなものであるのか。

人間学という名称は、近年では学問以外の領域でも重宝に使われているため、かなり曖昧で多義的な概念になっている。話を学問に限って言うならば、人間学の出発はマックス・シェーラー(ドイツの哲学者/1874-1928)の仕事のなかに求めることができ、われわれの人間学研究も、大きな枠組みで見るならその系譜に連なっているといえる。

シェーラーの哲学は、現象学の祖として有名なフッサールの哲学を出発点としており、彼の後輩には、『存在と時間』の著作で有名なハイデガーがいる。フッサール、ハイデガー、サルトルおよびメルロ・ポンティという哲学の系譜はよく知られているが、その一方で、フッサール、シェーラー、ヴィクトル・フランクルという学問の流れもあり、われわれの人間学はこの流れのなかに位置しているのである。

もちろん、フランクルは哲学者ではなく心理学者であるので、彼はシェーラーの人間学を哲学の領域で継承したわけではない。フランクルがシェーラーから受け継いだものは、何よりもその世界観であった。
同様に、当会の創設者である高島博士も、フランクルの思想を医学の分野において継承し、実存心身医学という独自の立場を築いたのである。

現在の日本人間学会は、高島博士の学説を踏まえながらも、さらに広範囲な思想研究を推し進めることで、人類の未来に平和と発展をもたらすことのできる人間学の構築を目指している。人間学の源流は西洋哲学であるが、われわれ日本人は東洋の思想にも親近性をもっているため、西洋と東洋の思想を重層的に捉える立場から、人間の存在を新しい次元において把握しようと努めているのである。

また、当会は、社会貢献の活動に対しても積極的な姿勢を持っている。人間は個人として生きる存在であるとともに、社会のなかに生きる存在でもある。社会全体が平和と発展の方向に向かわない限り、個人の幸福というものも存在し得ないであろう。高島博士が折に触れて力説していたように、望ましい人間学はすぐれた実学であるべきであり、またその学説は、世界の平和に貢献できるグローバルなものであるべきなのである。

日本人間学会は、以上のような基本的立場を持ち、またそのような所信に賛同した学者たちによって日々学際的な研究が積み重ねられているのである。